Profile of ピアニスト吉岡裕子 Official Website

プロフィール


 吉 岡 裕 子   Yuko Yoshioka

 4歳より母の手ほどきでピアノを始める。埼玉県立浦和第一女子高等学校卒業。武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。ピアノを福元サザレ、永島恭子、ゲルハルト・ベルゲ、マックス・マルティン・シュタイン、山田彰一、エルジェーベト・トゥシャの各氏に、ピアノ・デュオ演奏法をアンリエット・ピュイグ=ロジェ氏に、室内楽をマルグリット・フランス氏に師事。国際芸術連盟新人オーディション合格。全日本演奏家協会主催「第1回全日本フランス音楽コンクール」第2位入賞。及川音楽事務所新人オーディションにて優秀新人賞受賞。蓼科音楽祭、霧島国際音楽祭、ながの・アスペンミュージックフェスティバルに参加。ヴィクトリンク・ムジークフォーラム国際マイスターコース(オーストリア/クラーゲンフルト)に参加し、コンサート「Junge Solisten 若きソリストたち」に出演。スイスのヴェルビエ音楽祭(1997年)ではベラ・ダヴィドヴィチ、ヨゼフ・カリクシュタイン両氏のマスタークラスを受講、ソロと室内楽の両方でアカデミー・ファイナルコンサート出演者に選抜される。2005年にはポーランド、ワルシャワ・ショパン・アカデミーのセミナーに参加、テレサ・マナステルスカ氏のレッスンを受講。
 1995年、バリオホールにてデビューリサイタル。1995年、97年の台湾、高雄市における音楽祭では、高雄市交響楽団とモーツァルトとプーランクの2台のピアノのための協奏曲を共演。2004年、ショパンのピアノ協奏曲 第1番を含むプログラムで開催したリサイタルでは、シサスクの作品と共にアルメニアの作曲家ババジャニヤンの作品を紹介し、以来、エストニアとアルメニアの音楽は共に大切なレパートリーとなっている。2005年、エストニアのヤネダの “音楽と星の塔” にウルマス・シサスク氏を訪ね、直接レクチャーを受ける。同年、秋場敬浩氏、たかぎひろみち氏(語り)とシサスク作曲「銀河巡礼〜南半球の星空」全曲を日本初演した。
 長く継続してきたコンサートは八ヶ岳高原音楽堂におけるトーク&コンサートで、初めは1997年より5年間、毎年12月に数回開催。続いて2005年から八ヶ岳高原ロッジ主催「八ヶ岳高原音楽堂〜四季の音楽会」に毎年出演して現在に至り、星景写真家、有賀哲夫氏とのコラボレーションのほか、管楽器や弦楽器奏者との共演による演奏会数は75回を超える。
 2011年11月、CD「ウルマス・シサスク:銀河巡礼〜北半球の星空」をリリース。「天文ガイド」、エストニアのクラシカ・ラージオ(Klassika Raadio)などにて紹介された。
 2014年8月、第2回エイヴェレ国際音楽祭(エストニア)に招かれ、シサスク氏とコラボレーション・コンサート(「銀河巡礼〜南半球の星空」全曲演奏)を行ったほか、マスタークラス講師を務めた。
 2015年4月、ウルマス・シサスク初来日記念「星を聴く人、ウルマス・シサスク〜舘野泉とその仲間たち」に出演し、2つのシサスク作品を日本初演。
 2016年、カワイ表参道パウゼにて「ピアノリサイタル〜アルメニア音楽の夕べ」を開催。
 2015年より、アトリエミストラル(高崎市)にて、リサイタルシリーズ「モーツァルトとショパン」を年に一回のペースで継続中。
 埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科ピアノ講師。さいたま市音楽家協会、高崎演奏家協会、日本・エストニア友好協会会員。


 近年の主な活動内容はこちらを→Previous Concerts


Img0032_1.jpg







執筆
「エストニアを知るための59章」(小森宏美 編著)明石書店コラム7:ウルマス・シサスクとの出会い
「アルメニアを知るための65章」(中島偉晴/メラニア・バグダサリヤン 編著)明石書店コラム14:ババジャニヤンを弾いて 〜神聖さを湛えた民族舞踏が目前に
「日本とユーラシア」新聞 第1391号すべてに歌がある 〜ナヴァサルジャン ピアノリサイタルを聴いて(09年10月24日 所沢市民文化センター・ミューズ)